今日のテーマは色

| 小鶴 璃奈 |


ショートケーキって色っぽいなぁ。
甘くて酸っぱくて、真っ白と真っ赤で、シンプルで柔らかい。
ため息がでちゃいますね。
どうも、小鶴です。
小鶴をケーキで例えるなら、ショートケーキ!!と言われるようになりたい。
あ、先日知り合いの魂の色が見える人に話を聞いたんですよ。
その時の話をちょっとたけ…。
魂ってオーラとかとはまた全く別の色だと、その知人は言っておりました。
頭の辺りにあるらしいのですが、男性は生まれつき、既に赤だの、青だの、緑だの、魂に色が決まっているらしいです。
逆に女性は無色なんですって。
ただ、女性の魂の色は性行為によって、相手の男性の魂の色に染まるらしいです。
赤い魂の男性と性交すれば赤に。
青の人となら青に。
だから結婚式のウェディングドレスは真っ白で、あなたの色に染まりますって意味合いがあるんですよね。
そして二次会に旦那さんの好みの色のカクテルドレスを花嫁が着るのは、そういった意味がやはり含まれているらしいのです。
ただ経験人数が1人なら一色のままなのですが、2人、3人と経験が増えると、その分色が追加されてまぜこぜになるらしいんですよ。
つまり、赤の人と青の人二人なら紫に。
その後緑の人ならまた緑が交ざり。
という事は経験人数が多くなればなる程、色んな色の絵の具を混ぜていくように、色が濁り最後真っ黒になるという事らしいのです。
なるほど!!
歴史的、文化的、宗教的な要因で、女性に対する貞操感が作り上げられたのかと思っていましたが、こういう能力を持った人達の価値観の影響も少なからず受けたのかなぁ?とかって考えると興味深いですよね。
色々考える事がつきません。