» 天夕 隼佑のブログ記事

体調がです。
ちょっと、胃腸炎っぽい気配を感じております。
何だか、最近、流行ってるそうですね。

相も変わらずの遅筆で、皆さんにご迷惑をかけているので、今日はここまで!!

季節が何なのか

| 天夕 隼佑 |

分からない気候ですね。
暑いなぁとも思うし、肌寒いなぁとも思うし。
これを世間では春と呼ぶんでしょうか?
僕のイメージでは、もう少し穏やかなんですけど。
とはいっても、もうすぐ梅雨の時期だから、これで合ってるのかな。

というわけで、情報解禁されました。
もともと、ラフメーカーの屋号でやるつもりはなかったのですが、
僕なりに思うところがあって、ラフメーカーで打つことにしました。
何やかんや、スタッフはいつも通りの僕のことを理解してくれている布陣。
キャストはほとんどがお初の皆様です。
あいだくんに関して言えば、お互いのブランクを埋めるところから始まりそうです。
どんなお話を、お客様にお渡しできるのでしょうか。

あらすじには書いてありませんが、ここでちょっとだけ。
タイトルに、結構な皮肉や僕なりの直感的イメージを込めているのですが、
今回は、とある速記者のお話になります。
相変わらず、何かを書く人か作る人のお話が、僕は好きなようです。
こればかりは、性ですかね。
でも、いつもと少し違う気がします。
いつもは自分の意志的に筆を走らせる人ですが、
今回は誰かの言葉をひたすら書き留め、
書き留めた言葉は専門家にしか読むことが出来ない。
何だか、そういうお話です。

って言われても伝わらないですね。
とにもかくにも、楽しめるだけ楽しんでみようと思います。

でも、どうにも更新する気がおきませんでした。
なんでだろう。

何だか、色々考えるには良い期間でした。
元々、考え症と言うか、身近な方々にネガティブシンキングだと定評がある僕には、ある意味では有意義な時間だったように思います。

団員たちの色々な演技を見ました。
それは当然、僕では引き出せない演技です。
面白かったです。
本人たちがどうあれ、個人的には楽しそうに演じているの見られたのは嬉しいです。
きっと色々な経験をして、色々な刺激を受け、色々なことを考えたことでしょう、多分。

さて、次は僕の番なのですね。
すでにご存知という希有で有り難い方もいらっしゃるでしょうが、僕、公演打ちます。
かって知ったるは、あいだしんごとスタッフ陣のみ。
間もなく情報公開ですが、簡単なものを。

A-Sole 1
『花咲く通りに君が舞う』
2014 7/1~7/6
@新宿眼科画廊

鬼が出るか蛇が出るか。
研鑽します。

GW

| 天夕 隼佑 |

僕はお留守番だったし、今年はこの時期に演出をしていないので、何だか有り難くない。
先輩と麻雀をしたくらいしか思い出がありません。
久方ぶりに負けました。
悔しいです。

色々な方がいました。
色々な方に会いました。
もう4月も終わりなんだな。
時間が経つにつれて、時間が経つのがはやく感じる。

僕の演出じゃない、僕の書いたセリフじゃない小鶴さん。
小鶴さんは有り難いことに何度か客演に行かせて頂いているので、拝見済み。
それはさておき、何を思う。

僕の演出じゃない、僕の書いたセリフじゃない園田さん。
なんと谷に続いて僕自身初。
相変わらず、何を思う。

僕の演出じゃない、僕の書いたセリフじゃない谷さん。
僕自身初。
さぁ、何を思う。

禅だね

| 天夕 隼佑 |

うん、僕に合ってると思います。
煩悩の塊です。

そういうもんだよ。
と誰かに言って欲しい。
書こうとはしていたんです。