実は入院してた

| 小鶴 璃奈 |

そうなんです。
実は地味に3月前半入院してました。

付き添いとかなら経験あるけど、自分の具合悪くて入院したの何気に初でした。

え?
何で入院したかって?

まぁ、、
お恥ずかしいはなしですが、生牡蠣にあたりましたね。

食い意地はってたんですねぇ。

翌日地獄でした。
そしてそのまま帰れず入院です。

これがまた凄かった。
相部屋になった方々が凄いタレントの塊みたいな方ばかりで。

特に印象的だった方は、チャッピーさんという犬?だか猫を飼ってらっしゃるおばあ様。

とても上品な方なのですが、彼女は普通の人には見えないものが見える方だったみたいで。

夜中ナースコールして、怯えてて、看護師さんが来ると「男の人がそこ歩いてるじゃない!」とかって言うんですよ

いやいや、
勿論女性だけの部屋だし、
男の人はいないよ

でも彼女はほら!ほら!って指差すんですね
かなりビビリましたね

看護師さんに、やっぱり怪談噺とか病院にあるんですか?
って怖さを紛らます為に、勿論否定してくれると期待して聞いたら、「よく聞きますけど、私見えないんですよね」って言われましたよ

ちなみに、そのおばあ様は常にチャッピーさんというペットを自分の横で飼ってらっしゃって、私がお手洗いとかで前を通ると呼びかけられて、チャッピーさんと写真撮ってくれる?とシャッターをお願いされたりしました。

撮りましたよ
おばあ様は私には何も見えない空間でしたが、愛おしそうにチャッピーさんを撫でてました

最初は怖いなぁって思いましたが、なんか日に日にチャッピーさんに話しかけていたわるおばあ様が愛おしくなってしまって、最後はカーテンを開けてずっとおばあ様と顔を合わせられるように過ごしてました。

なんか優しい空間でしたね
こんな出会いもあるんですね

入院生活Blogはまた書きます